夫婦として認めてもらおう|結婚式の招待状を格安にするなら手作り

神社で挙式する

男女

神様の前で神前式

神前式は神社など、神が祀られた場所の前で挙げる結婚式のことです。普通の結婚式場と比べると、神社は敷地が狭いため、大勢の人を呼ぶことはできません。だから神前式神前式を挙げる際は、招待客を増やしすぎないようにしましょう。価格は一律で決められていることが多く、挙式料の相場は五万円程度だと言われています。そこに衣装のレンタル代や着付け代、写真料金などを合わせた代金が請求されます。中にはこれらのサービスを無料で提供してくれる神前式業者もいるため、よく調べてみましょう。神社を選ぶ場合は宗教の流派や祀られている神、建っている土地などに気をつけましょう。有名な神社だと行っている神前式のプランが用意されているため、比較的簡単に式を選ぶことが可能です。

神前式の歴史と変遷

日本の伝統的な挙式スタイルと言うと神前式を思い浮かべる人も多いでしょう。和装に身を包んだ男女とその家族が神社で神主さんや巫女さんに清めをいただき、親族の契りを交わす・・・そんな神前式ですが、意外とその歴史は新しかったりします。神前式が生まれたのは明治の中ごろで、それまでは新郎の家で両家が集い、食事と酒を交わすといった祝言が一般的でした。祝言には式を挙げるという明確な概念がなかったようです。それが明治に入り、皇族の挙式として神前式が行われたのが最初とされています。背景としては、欧米の文化が次々と流入される中、挙式が無く野蛮な国とのイメージを避けるために進んだという説もあります。式で何をすべきかも手探りで、仏前の祈祷などが参考にされたと言われています。皇族の結婚式ですから、内容は新聞で広く紹介され、ここから全国に神前式が広まっていったとされています。今では披露宴会場から神社まで無料バスが出たり、ホテル内に神社を模した部屋が設けられたりと、神前式はより気軽に行えるようになっています。